このブログを検索

2018年7月11日水曜日

休診のお知らせ

【休診のお知らせ】

誠に勝手ながら
7月21日(土)は都合により休診とさせていただきます


尚、7月16日(月・祝日)は通常通り施術いたします


ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします





2018年7月3日火曜日

準備と覚悟

どうもこんにちは

みなさん
いざというときの備えは万全ですか?

なにか緊急事態が起きた時、どのように行動するか
それをあらかじめ決めておくこと

それが
「緊急時対応計画、EAP(emergency action plan)」です。

これにつきましては下記の記事で詳しく書いていますので
よかったら読んでみてください

スポーツ救急サミットを受講して
http://kibougaoka-s.blogspot.com/2017/12/blog-post_21.html



過去記事でも書きましたが
何か緊急事態が起こった時に迅速に対応できるかどうかというのは
まず対応計画がしっかりと立てられているかが大切なポイントになります

スポーツ現場では

具体的に言うと

緊急事態に対応するための準備として


・AEDとスパインボードの設置場所
・トレーナーや指導者の連絡先
・搬送病院の連絡先
・学校における救急車の走路
などを関係者(教師、保護者、指導者、トレーナーなど)で確認し、周知し、意思疎通をし、誰が見てもわかりやすく提示し、さらにそれを確実かつ迅速に対応できるように人材を育成する ”こと
(前記事より)
となります


きちんとした計画を立てることはとても大切です
計画が立てられていることによってよりスムーズな対応が可能になります



さらに実際に緊急事態が起こった際に大切なのは

「冷静に行動できること」であると考えています


いくら完璧な計画でも、それを実行する人材(人財)とそれに必要な資材、さらに確実に実行できる実力がなければ意味がありません



実際のスポーツの現場では
本当に色々なことが起こります

血だらけであったり、脚がとでもない方向に曲がったり、痛みなどで患者自身がパニックになったりと言うような

慣れていなければショッキングに感じるような現場に立ち会うこともあるでしょう

いくら完璧な計画を立てていても

そういった場面に遭遇した時に冷静にそれを実行できる自信はありますか?

命に関わる怪我に対応する心の準備は整っていますか?

全ての責任を負う覚悟はできていますか?




計画が立てられていても、準備が整っていて、さらにそれを実行する覚悟がなければ絵に描いた餅です



「いつ何時目の前で命を落とす可能性のある外傷が発生してもおかしく無い」
と心にとどめておく事。
それも立派な心の準備なのです


スポーツの現場に立つ人は是非忘れずにいてほしいです

自分自身にも
もう一度言い聞かせたいと思います










おまけ

これもやっておかなきゃなと先日思ったことをとりあえず箇条書き

・事前のチェック(脳震盪の既往歴、体調不良の確認)
・外傷発生時刻の記録*
・運動時間の記録*
・(頭部外傷時)意識喪失時間の記録*
・JCSを救急隊員に言える
・手袋は常につけておく
・自分が動けるだけでなく周囲の人間に対する的確な指示ができる

*この3つは救急隊員に引き継ぐ際に聞かれるので記録しておくといいです

書き出したらキリがないです。
まだまだいくらでもやるべきことはあります

とにかくどれだけ準備してもやりすぎと言うことはありません






スポーツ現場では
「今日も何事もなく平和だったね」と毎回言いたいです

2018年5月29日火曜日

罪と罰

どうもこんにちは


日大アメフト部の監督とコーチによる悪質タックル指示問題が未だ世間を賑わせていますが
私が指導しているのは今のところアメフトではなくラグビーです。

そこんところよろしくお願いします



それはさておき

いつの時代も日本における部活動の指導とパワハラは背中合わせでした
日大アメフト問題の件が「どこにでも少なからずあること」とは言いたくはないですが、「一歩間違えれば」という現実は目を背けることのできない現実だと思います


1年生はずっと球拾いと走り込み
不甲斐ないプレーをしたから即交代
生活態度の問題で部活動に参加させない

今回の問題をこういった今の部活動の現状と切り離して考えることができるんでしょうか?

組織を守るために手っ取り早く誰かを悪者にして、事態を収束させるのではなく
社会問題の一部として議論され続ける方がいいと私は思いますが

今後どうなっていくのか見守って行きたいなと思います



それともう一つ
日本に限らずどこにでもあるとは思うんですが

「試合に負けたら選手が懲罰を受ける」と言うチームスポーツの謎の文化があります。
取られた点数ぶん走り込みをさせられたり、ミスをした分だけ腕立て伏せを課されると言うやつです、連帯責任で。


私は時々チームの指導をしていますが
基本的に懲罰で走り込みやきついトレーニングを課すと言うことはしません
(軽い罰ゲームで腕立て何回、とかくらいはやります)

自分が課されたら嫌だったとか、選手に嫌われたくないと言う理由ではありません

ではなぜか

それは単純に個人的に

走る事が好きだから

です

走る事を罰と言うネガティブな道具に使いたくない

と言う意味ではありません

きついトレーニングをしたら強くなるのに
なぜそれが罰になるのか全く理解できない、ただそれだけです


選手は自らの意思で自分の身体を追い込み強くなろうとしているはずと信じています
いつでも自分を強くする機会を探して。


私は現役時代、走りこんだり自主練でウエイトトレーニングをするのが大好きでした。

おかげで何度も疲労骨折をしましたし、全く知識もなかったので大した身体にもなれませんでしたが。

それでもやらされるのではなく自らの意思で頑張ったお陰で得られたものが沢山ありました


なので
仮に試合に勝っても、いいプレーをしても選手が強くなるために必要だと思えば
必要な量だけトレーニングを課します。



逆にいくらこちらが必要だと思っても、選手自身が必要ないと感じるなら周りの人間に悪影響を与えない範囲でサボってもらっても結構だと思ってます




現役選手を指導する立場になり思うのは

とにかく

試合に勝てば選手のおかげだし
負けたら指導者の責任で

ミスをしたり気合が足りないのではあればそれは指導がきちんとできていないからであって

もしそこに懲罰が必要ならば
懲罰を受けるべきは指導者の方だ、と言う事です


「走り込みをさせられたくないから試合で頑張る」「ミスをしなかったおかげて怒られないとホッとする」ような選手を「作る」、そんなレベルの低い指導者に私はなりたくはありません



そこがわかっていないから
日大アメフト部悪質タックル問題は収束に長ーーーく時間がかかってるんじゃないかと思うのです







おまけ
仮に懲罰を受けなければいけないとしても
私は走るのが好きなので
走らされても何の懲罰にもなりません

むしろ走るの禁止と言われた方がよほど辛いでしょうね





追記
でも一応言っておきますが、いわゆる根性練習の全てが悪いとはおもいません
むしろ必要なこともあります

スポーツには辛さが必ず伴います
その辛い状況を乗り越えるにはやはり強い精神力が求められ、それは優しいレクリエーションだけでは作り上げることができないからです




















2018年5月16日水曜日

スタッフ募集中

どうもこんにちは


希望ヶ丘接骨院では現在受付スタッフを募集しています

学生さんや主婦の方、スポーツ現場でのトレーナー活動に興味のある方など歓迎です


ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!





希望ヶ丘接骨院
info@kibougaoka-s.com
0527528885


2018年5月1日火曜日

免許とは何か

どうもこんにちは

最近SNS上でとある有名人の方が
『「マッサージ」という言葉を市場に解放した方がいい』
『誰もが行うことのできるマッサージという行為を、マッサージ師以外の人が行えないように制限するのはおかしい』

といった旨の発言をされ
一部の業界関係者と議論になっていました




私はあん摩マッサージ指圧師の免許は持っていなので実際のところはわかりませんし
その方の発信力には遠く及びません

ここでこんな事を書いたところで社会に対してなんの影響もないでしょうが

人の身体を触る事を生業にしている身として、おもうところがあったのでブログに書き起こしておこうと思います


個人的な思いを書き連ねた長文になります


そもそもの話


まず日本の法律では
医師以外のものが医療行為を業として行う事を禁止しています

「医療行為」とは
”人の傷病治療診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為である。 一般的には医行為と同義語として扱われる。広義では代替医療統合医療を含めた医療全般の行為を指す。”
とされており

「業」とは
”次のいずれをも満たすこと
ア 行為が反復継続的に遂行されている
イ 社会通念上『事業の遂行』とみることができる程度のものである”
と法的には解釈されています

が実際は報酬の有る無しに関わらず反復継続の意思を持って行えば業と見なされるようです


すなわち
誰かの疾病や怪我を診断、治療、もしくは予防する事を継続的に(もしくは継続する意思を持って)行うことができるのは医師のみ
ということになっています

それは医療行為というのは正しい知識を持ち、正しい方法で行われないと対象者に危険が及ぶなどの不利益が生じる可能性が高いために、医師という限られた訓練された人にのみその行為を行う事を許可するものですが

一部の行為は資格制度を持って限定的に医師以外の人も行うことができるようになっています

我々柔道整復師の怪我に対する施術、看護師さんの注射、救急救命士さんの挿管、介護職員さんの痰吸引などが挙げられますが

あん摩マッサージ指圧師さんのマッサージ行為もその中に含まれています

マッサージとは
マッサージ(仏: massage)は、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である

もしくは、血液の循環をよくし、神経を鎮め、また皮膚に弾力やつやを保たせるために、からだをさすったりもんだりすること。


冒頭にお話した有名人の方の主張は
「マッサージ」という行為は例えば家族間やスポーツ現場で選手同士などでも広く一般的に行われていて、中にはあん摩マッサージ指圧師の資格を持っていないくてもマッサージの技術的には有資格者となんら遜色ない人もいる
危険性に関しても、エビデンスもなく本当に危険であるとは言えない。なぜ有資格者しかおこなってはいけないのかのロジカルな理由が見つからない

法的に「マッサージ」を規制する事が結果的に、行っている内容に変わりのない「リラクセーションマッサージ」や「揉みほぐし」「整体」などの曖昧な言葉を生み出し混乱を生んでいる

というものでした
(というものであったと理解しています)


当然それに対して一部のあん摩マッサージ指圧師の方が
「マッサージ」はそんなに簡単なものではない!方法によっては危険なんだ!実際に事故も起きている!と声をあげる

といった構図が出来上がっていました


私はその有名人の方の真意はわかりません

もしかしたら
マッサージ行為がそんなに危険なものなのならちゃんと啓蒙活動をした方がいいんじゃないのかと言いたかったのかもしれませんし
本当にマッサージは誰がやってもいいだろうと言いたかったのかもしれません
もしかしたらただ議論を呼びたかったかっただけかもしれません…

確かに、危険性が全く感じられない行為に対して有資格者のみにしか行う事を許さないというのはおかしな気もします


それでもやはり
私は「マッサージ」という「言葉」を解放していいとは思えません


この一連の議論に対して私が思う事を書きたいと思います


まず
実際には医療行為そのものを行う事自体を規制する法律はありません
業として、すなわち「報酬の有る無しに関わらず、継続反復の意思を持って」行う事を禁止しているにすぎず

例えば目の前で誰かが血を流して倒れていれば止血してあげる、心臓が止まっていれば心肺蘇生術をしてあげるのと同じように
痛いところがあればさすってあげる、肩が凝れば揉んであげてなんら問題はありません

しかし医療行為のうちの多くが危険性を伴うので、医師以外、もしくは定められた一部の人間以外がおこなってはいけないという点は間違い無いでしょう。

それでは
マッサージ行為は危険であるのか、それとも安全なのか


”安全に聞こえる「さする」という行為だって、たくさんこすればいずれ炎症を起こして皮膚障害を起こすかもしれない
その丁度良い加減をあん摩マッサージ指圧師は知っていて、素人にはわからない。
だから素人はマッサージ行為をしてはいけない”

”否。家族間でマッサージしたからと言ってそんな事故が頻発しているなんて聞いたことがない
安全なんだから誰がマッサージしたっていい”

”法的にはあん摩マッサージ指圧師以外がマッサージを業としておこなっていけない”

”いやいや、社会的には法律とか資格とかはどうでもいい、危険でもないのにやってはいけないというのがおかしい”


…そんな議論は堂々巡りです。


もしかしたら確かにその有名人の方がいうように、スポーツ中の事故よりも素人のマッサージ中の事故の方がよっぽど少ないのかもしれません

あん摩マッサージ指圧師の方々が言うように実際には多くの事故が起きていて表面化していないだけかもしれません


とにかく
その危険性や安全性は私にはわかりませんし、誰にもわからないと思います
正直言えば
加減次第でしょ、と思ってます


医療資格の始まりは確かに
危険性を伴う行為を執行する権限を与えることであったかもしれませんが

個人的な意見としては
お客さんが望むならその都度、揉んだり押したりさすったりこねたりしておこずかいをもらったっていいと思っています




では何が問題なのか


日本の資格制度は、既得権利を守るためにあるとよく言われます
「あん摩マッサージ指圧師以外はマッサージをしてはいけない」
「運転免許を持っていなければ車を運転してはいけない」
というように
資格を取るということは権利を得るものと思われています


でも
「医師でなければ人の命を救ってはいけない」
「消防士でなければ火を消してはいけない」(これはちょっと資格の意味が違うと怒られそうだけど)

ではないですよね
誰だって人の命を救う権利はあるし、火を消す権利はあります

正しくは
「人の命を救うためのプロフェッショナルが医師」
「火を消すプロフェッショナルが消防士」

と言った免状的な役割こそ免許
だと思うんです


同じように
マッサージをする権利、車を運転する権利は誰にだってあって

子供がお母さんの肩を揉んだり、レーサーがコースを運転するのに資格は不要で
必要なのは技術だけです



ただ
その知識と技術を、誰かが保証するものが『資格』であり
国が保証するから国家資格なのです。



例え話ばかりになって申し訳ないですが
「生け花」という行為は誰にでも認められていて
誰が花を生けても構わないけど
〇〇流生け花と名乗れるのは、宗家の下で修行を積んだ者のみ。

宗家が技術と知識を認めた者にのみ
〇〇流を名乗ることができる。

その人の花を生ける知識と技術を〇〇流が保証しますよ、と



これと全く同じで
「マッサージ」と看板を掲げられるのは
国の認可した養成機関を卒業し、国家試験をパスしたもののみ。

すなわち
「マッサージ」と掲げているものは
国がその人の知識と技術を保証します
と言ってくれているということだと思うんです

なので
「リラクセーションマッサージ」とか言うような紛らわしい言葉はわかりにくいのでやめましょう

「マッサージ行為」をすることは禁止しません
でも「マッサージ」と掲げているところ以外は国はその知識と技術を保証しませんよ、相互の自己責任ですよ、と。



「マッサージ」という言葉の元でマッサージ行為を行う事を解放したら
国の認めた知識と技術の元で行われているマッサージ行為なのか、それともそれ以外なのかの判別がつかなくなってしまう

という問題が起きます



とにかく何が言いたいかというと



すなわち有資格者の既得権利を守るために資格があるのではなく
社会的に不利益が生じる機会が生じないように資格があるのだという事です


ここまでくると完全に法律の個人的な意訳だとはわかっています

でもこういう形に理解すれば
みんなにとって有益では無いですか?





柔道整復師として



長々と書いてきましたが、私はあん摩マッサージ指圧師では無いので実際のところどうなのかはわかりません

もしかしたら有資格者の方は自分たち以外絶対マッサージ行為をするなと思ってるかもしれませんし
そんな事言われなくても最初からそう思ってるわと怒られるかもしれません。



巷には「整体」だったり「治療院」という看板を掲げて医療類似行為をおこなっているお店がたくさんあります

スポーツ現場ではいわゆるトレーナーが脱臼の整復をしたり怪我の処置(固定など)を行うことがあります。本来いいことではないですが、実際にあります。

正直にいうと少し前までは
「無資格者が危ない事しやがって」「資格もないのに偉そうに」「こちらの畑を荒らすな」と思ってました

でも今は少し違って

そこに苦しんでいる人がいれば、その苦しみから解放する手助けをする事は本当に悪いこととは言えない
「国家資格」には頼りませんという事を堂々と掲げていてすごい自信だな
資格云々ではなく技術で勝負してるのかな
と(少し)思うようになりました

中には本当に危険な施術をしている「無資格治療院」もあるので
参考として
「接骨院」
「あん摩、マッサージ、指圧」
「鍼灸」
と掲げているところ以外は国家資格を有さない施術者がやっている可能性が高いということは覚えておいてほしいですが。




「接骨院」という看板を掲げる事にプライドもありますし
『免許』に恥じない施術を提供しなくてはいけないと思っています

だからと言ってそう言った無資格施術者を撲滅したいとは全くもって
より良いサービスを提供すればいいだけのことです




まとめ

免許とは
「権利をもらうもの」ではなく
「技術や知識、サービスの『質』を担保するもの」


という事で
こんな長文書いているうちに勉強の一つでもしろという声が聞こえてきそうなので、今日はこの辺で。


…それでは!



































2018年4月24日火曜日

GW休診日について

どうもこんにちは

遅くなりましたが休診日のご案内です

4月30日の昭和の日振替休日は通常通り
5月3日は午前のみの施術で午後休診
5月4日から6日まで連休とさせていただきます


変則的になりますがよろしくお願いします


それでは☆



おまけ

先日我が家の愛犬と久々に長距離散歩しました
いつまでも元気で歩けるのは本当にありがたい事ですね



2018年4月9日月曜日

Sinding-Larsen-Johensson病(症例紹介シリーズ)

どうもこんにちは

お久しぶりです
本日は症例紹介シリーズ

『Sinding-Larsen-Johensson病』(以下:シンディングラーセン)をご紹介します

先日名古屋高校グランドにて
名古屋ラグビースクールと名古屋高校ラグビー部の交流会が行われ、幼稚園児から中学生まで幅広い世代のちびっこラガーが名古屋高校グランドを訪れました

私が立ち会ったのは今年が2回目ですが、今後も毎年開催していく予定とのことです


今回はそのラグビースクールの親御さんから、息子さんが数ヶ月前から両膝の痛みを訴えているとの相談を受け、グランドにて患部を確認させていただきました

年齢は確か11歳か12歳、非常に活動性の高いお子さんで、ラグビーだけでなく日頃から体を動かすことが大好きな少年
痛みを訴えているのは数ヶ月前からで
接骨院で治療を受けているが休むと良くなりたくさん動くと痛みが増強するの繰り返しとのことでした

疼痛部位は両膝蓋骨(お皿の骨)の遠位端部で、圧痛と運動時痛、運動後の確認であったためかやや腫脹が見られました


小・中学性の活動性の高い男の子で膝の痛みと言えば
『Osgood-Schlatter病』(以下:オスグッド)が有名ですが
オスグッドは膝のお皿よりもやや下の部分、スネの骨の一番上が痛くなります

今回の少年が痛みを訴えているのは、膝のお皿の一番下端。
オスグッドではないことは容易に判断でき、ここの痛みを訴えた場合は真っ先に上述のシンディングラーセンを疑わなければなりません



さて
Sinding-Larsen-Johensson病とは…

好発年齢11歳
膝蓋腱の繰り返しの牽引力が、骨の硬化が未成熟な膝蓋骨下端に加わることにより炎症を引き起こし画像上石灰化や離断性骨軟骨炎像、不規則な骨化などを呈する症候。

です。


要するに
飛んだり跳ねたり走ったりの衝撃が、まだ柔らかいお皿の骨に繰り返し加わることで炎症を起こしてしまう
悪化するとレントゲンでみると骨が剥がれたようになってしまうこともある
小学校高学年くらいに良く起こる

といった感じのスポーツ障害です



こちらの治療はまずはとにかく安静!

使いすぎが原因の大きな割合を占めるためです
ほとんどの場合が1ヶ月ほどの安静で症状は消失します

加えて膝蓋骨に加わる牽引力を少しでも軽減するために、柔軟性を高めるストレッチングを行ったり
骨の代謝を高めるために低出力パルス超音波を実施することでできる限り治療期間の短縮を図ります
(ちなみに当院でも低出力パルス超音波を実施することが可能です)

予後は比較的良い疾患ですが
子供に起こる痛みなので
重症化する前に周りの大人が見つけてあげて、運動量を制限をして早めに治すことが重要と言えますね

今回のお子さんは来院での診察では無くグランド上での確認だったので近隣の整形外科を改めて受診するようにオススメしました

その後整形外科にて通院加療しているようです


早く良くなってまた活発にグランドを走り回って欲しいですね




スポーツ障害や外傷リハビリ、アスリートリハビリはきちんとした知識を持って当たらないと、患者さんにとって大きな不利益となってしまうことがあると言うことを再認識する出来事でした

今後も一人一人の症状にきちんと向き合って少しでも患者さんの健康増進のお手伝いができたらなと思います



…それでは!




おまけ

春ですね

出会いと別れの季節です